中医セラピスト紹介

中医セラピスト紹介

スタッフ写真

漢方養生サロン 香医堂主宰
雲 瑶

刮痧グアシャ国際協会会長、中医鍼灸師、中国国際推拿按摩師

中国内モンゴル出身。
97年留学生として来日。
北京中医薬大学卒業、中医師。
中医学の知識と技術を活かし、未病改善の養生法を日本に普及するため、 中医セラピスト養成校「雲瑶刮痧中医学院」を開設し数多くのセラピストを輩出している。
国内外で活躍するセラピスト多数。
また、施術を受けられる漢方養生サロンを札幌と東京で3店舗主宰し、施術が評判となっている。
現在、教習、講演、執筆など多方面で活躍中。
著書:全息経絡刮痧療法(柏艪舎)
DVD:中国かっさ療法(BABジャパン)

写真:スタッフ写真

木下 陽代

鍼灸師 管理栄養士 刮痧国際協会認定インストラクター

管理栄養士として、栄養指導や献立作成を10年。
鍼灸師として今13年目で、往診治療を中心に施術をしています。

2008年、鍼灸師として勤務している時に、「グアシャ」と出会いました。
「鍼は痛い、灸は熱い」とおっしゃる患者様の言葉から、鍼灸に代わる何か施術方法はないのか?と探し始めた時に、先生のグアシャのスクールを見つけました。
「グアシャ」を知ると、「経絡マッサージ」「整体」と色々な手法も知りたくなって、もっともっと・・・と先生から学んできました。
その後、サロンでも勤務させていただき、今は、鍼灸も含めて先生の所で学んだ技術「グアシャ」を中心に施術をしています。

最初に目に見えて、自分の身体に「痧」が出たのは忘れられません。
かなりの重症な「痧」で、広範囲に色も濃く、今までどれだけ溜めていたのかが、はっきりわかったことに驚きとショックがありました。
「目に見えて自分の身体の状況がわかること」が私にとって、とても魅力的で、今まで「グアシャ」をしてきた理由になっています。

このページの上に戻る